悩み,書類,撮影

スキャナーのようにキレイに張り紙を撮るカメラアプリ

こんにちは、かものはしです。

かものはし
かものはし
張り紙を四隅までキレイに撮ると気持ちいですよ
メッセージアプリを使用して何か書類を送信したい場合にいろいろな方法があると思いますが、皆さんはどのような方法で送信していますか?

元々、wordやExcelなどでデータ化しているものであればそのまま添付すれば早いのです。

ただ、データを貰えないような張り紙や手元にある書類を送るのは画像が歪んだり他の景色が写り込んだりして、見た目がすごく悪く読む気も失せてしまいます。何度も取り直して結局何も変わらなかった場面もあったのではないでしょうか。

 

そんな疑問の解決策として、アプリ1つで元のデータみたいにキレイに画像保存が出来る方法があります。使用するのは無料で提供しているMicrosoft社公式アプリの「Microsoft Office Lens-PDF Scanner」です。このアプリはカメラで撮影して四隅を自動判断して全体の歪みを補正することが出来ます。

この記事では前半にアプリの特徴と実生活でどのように役立つのか説明を行い、後半では実際に使用する方法を行ってみたいと思います。この記事を読むことでアプリの使い方が分かり、周囲の人に送ることで歪んだ書類画像からキレイな書類画像を見せることが出来ます。個人使用では周囲の景色が映らなくなるのでスッキリとした書類画像の管理が出来ます。また、キレイに撮りなおそうと何度も撮影する手間を省くことが出来るかもしれません。

張り紙をデータとしてメールやSNSで送りたい場合

紙媒体をスキャナーで読み込む

書類をそのまま読み取ってデータ化出来るので早いでしょうが、これは自宅やコンビニなどの店舗でしか出来ません。張り紙であれば外すことはマナー違反に引っかかる可能性が高いです。自宅では出来たとしても外出先では有効ではありません。

普通にカメラで撮る

一番にデータ化しやすい方法ではありますが、どんなにキレイに撮ったとしても四隅には周囲の景色が写ってしまいます。アプリで切り取りなどの編集も出来るでしょうが、急いでいる時や面倒くさい時は避けたいものです。

それでは次にアプリ紹介に入りたいと思います。

スキャナーのようにキレイに張り紙を撮るOffice Lens

マイクロソフト社が無料で提供している仕事効率化アプリです。簡単に言うと手軽で便利なスキャナーのような感じで使用することが出来ます。AndroidとiOSでダウンロードが出来ます(パソコン仕様はMicrosoft Storeで提供していたのですが2020年で終了しています)

Androidを使用の方はコチラからインストールをどうぞ。

Office Lensアプリの特徴

自動読み取り

書類を撮ると自動で四隅を認識して最良なトリミングを行ってくれます(その場で四隅の自動修正や要らない部分の切り取りを行うことも出来ます)。

画像編集

フィルター(15種)、トリミング、回転、インク追加(手書き)、テキスト追加があります。

保存

画像はもちろん、PDF、Word、PowerPointファイルに変換することが出来ます。特にOne Note や One Drive の連携が強く、日頃から使用している方にはお勧め出来るかと思います。

保存先は形式により違い「ギャラリー(画像)」は本体とOne Drive、「PDF」は本体、「One Note」「Word」「Power Point」はOne Driveの保存となります。

便利機能

Word(docx.)形式で保存する際に、印字されているテキストや手書きのテキストは OCR (光学式文字認識) によって自動認識されます。画像に含まれる文字を検索や編集することも出来るそうです。重要な文書や名刺をすぐに見つけることが出来ます。

さまざな各撮影モードが選択できる

ホワイトボード

学校などの教育現場や職場など、ホワイトボードを使用した際に記録として保存する際にこの機能を使用しまします。アプリで手書きすることも出来ますが、OneNoteと連携して印字や手書きで情報を付け加えるなどすることで、周囲と内容を共有するなど幅広い使い方をすることが出来ます。

ドキュメント

紙書類や張り紙などを撮影して保存する際にこの機能を使用します。

名刺

連絡先の情報を読み込み、アドレス帳や OneNote に保存することができます。言語は英語、ドイツ語、スペイン語、簡体字中国語の名刺に対応しており、他の言語のサポートも近日提供予定です。

写真

通常のカメラ機能です。

LINEやTwitterなどアプリ連携が強い

以下、下記の代表的なアプリを使用した場合、どのような方法で見ることが出来るか説明します。

googleフォト

初めに表示される「フォト」で見ることは出来ませんので、右下「ライブラリ」の中の「Office Lens」から見てください。

LINE

トーク表示の画像一覧で直接選ぶことが出来ます。

Twitter

投稿画面で画像一覧より直接選ぶことが出来ます。

実際にOffice Lensを使ってみる

Office Lens,アプリ

「Office Lens」という赤いアイコンを押してください。

初めて開く場合はアプリの権限で「カメラ」「ファイルとメディア」「連絡先」が求められます。私はOneNoteを使用しておらず「連絡先」だけ許可していませんが、今の所は使用するときに問題はありません。

Office Lens

開くとすぐカメラが起動します。

今回はA4用紙の読み取りで「ドキュメント」が適応してありますが、ホワイトボードや名刺を読み取りたい場合は下記の一覧で選んでください。

撮りたいものにカメラを向けると赤枠で範囲指定が求められます。

多少のズレは後ほど手動で補正することも出来ますので、ピントのズレが起きないかそこに注意してください(ピントが合いにくい場合があります)。

Office Lens

先ほど読み取った用紙の四隅の位置調整を行います。

自動で読み取りますが、大幅にズレが生じる場合は調整を行ってください(白丸か白線を触ります)。

撮り直したい場合、左下の「キャンセル」を押して撮り直して、そのままで良ければ右下の「確認」を押します。

Office Lens

ここでは撮った画像編集を行います。

フィルター(15種)、トリミング、回転、インク追加(手書き)、テキスト追加がありますので、好みで調整を行ってください。

撮り直したい場合、左下の「キャンセル」を押して撮り直してください。そのままで良ければ右下の「完了」を押します。

Office Lens

保存形式の選択です。

1つだけではなく複数形式の保存が出来ます。

「ギャラリー」は本体保存が出来、他アプリから画像一覧で検索出来るので便利です。

LINEやTwitterでの送信が楽に出来ると思います。

「PDF」は本体保存できますが、LINEやTwitter使用となると使い勝手が悪くなります。

その他の保存にはOne DriveやOne Noteのサインインが必要になります。

保存形式にチェックを入れたら「保存」を押します。

Office Lens

このアプリで保存した画像一覧が見れます。

そのまま誰かに送信したい場合、画像を選んで左下の「共有」を押してください。

再度撮りたい場合、右下の「カメラマーク」を押してもう一度同じ手順を行ってください。

まとめ

今回は、紙書類を送る時に簡単にカメラで撮影してスキャナーのような使い方が出来るアプリを紹介しました。

  • 周囲の人に送ることで歪んだ書類画像からキレイな書類画像を見せることが出来ます。
  • 個人使用では周囲の景色が映らなくなるのでスッキリとした書類データを保存することが出来ます。
  • このアプリを使用することで何度も取り直すような場面を減らすきっかけになる。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


悩み,書類,撮影
最新情報をチェックしよう!