財布

【お小遣い】キャッスレスならスマホで十分(私は財布を持ちません)

こんにちは、かものはしです。
今回の記事は前回の拡大版です良ければ前回の記事からご覧ください。

かものはし
かものはし

本当にその財布は必要ですか?

私は財布を持ち歩いていません。スマホカバーに運転免許書と2枚のクレジットカードと数千円を持ち歩いているだけです。現在、買い物はスマホだけで成り立つ社会となってきました。もちろん場合によっては、現金を持ち歩かないと生活が成り立たない場面が必ずあるとは理解しているつもりです。
この記事では前半に私が財布を持つのを辞めた理由、後半は私が財布を持たずスマホカバーで事足りたことを書きたいと思います。結婚されていて家計簿を管理している方であればこの記事を読む価値は減ってしまうと思います。もし、私のようにそうでない方は財布を持つ意味をもう一度考えるきっかけ作りになると思います。

私の財布の移り変わり

私は6年前より財布を持ち歩いていません。結婚したことも理由の一つですが、社会背景も変わったことで財布を持ち歩く理由は無くなってきたと思ったからです。

GUCCIの長財布に憧れ

社会人になり新人の頃は、GUCCIの長財布に憧れておりボーナスが出たときは奮発して購入していました。もちろんパンツには入らないのでカバンに入れていました。その後はブランドは維持するも元々の二つ折りに落ち着きました。今なら長財布はもちろん二つ折りの財布も大きくて持ち歩けないと思います。

マネークリップに驚く

財布を持つのを辞めたのはLINEが提供したLINE Pay(物理カード)が開始したことと住信SBIデビットカードを持ち始めた頃です。マネークリップのメリットは薄いことです。カード4枚と紙幣を数枚入れた状態でパンツにも余裕で入り、入れたことを忘れるくらいの薄さと重さです。デメリットはカードが擦り切れやすいので誤認識が発生しやすくなったことです。

マネークップを売る

2019年夏頃よりマネークリップをメルカリで売りました。スマートで使いやすかったのですが、カード同士が擦り切れて誤認識を起こしやすかったからです。それと同時期にpaypayを始め、色々なキャッシュレスのキャンペーンが出てきたのがきっかけです。

現在の財布事情

手帳型スマホにクレジットカード2枚と運転免許書と紙幣を数千円入れています。月末にお小遣いを貰えばそのままコンビニ行って、住信SBIネット銀行にスマホアプリで入金、その後は送金を含めてやり繰りが出来てしまいます。現金しか扱わない場所は立ち寄らなくなりました。自販機でもキャッシュレスの時代ですから特に問題にならないのです。
以下に私がスマホカバーに入れているものを紹介します。

物理カード

  • 運転免許書

決算手段ではないのですが、これはどうしても外せない。

  • デビットカード(visa)

メインの決算方法です。カードはkyashに住信SBIデビットカードを紐付けており、QUICPayにも対応しています。

合わせて読みたい

こんにちは、かものはしです。かものはし皆さんサブバンクは開設していますか?最近はデビットカードが付いているのでキャッシュレス生活にも対応しています。 サブバンクを開設するメリット[…]

ネット銀行
合わせて読みたい

こんにちは、かものはしです。かものはしクレジットに頼らない方法をお伝えしますkyashのポイント還元率の改悪は衝撃的なニュースとなりました。クレジット連携で活用していた方も多いと思います。還元率は[…]

キャッシュレス
  • クレジットカード(JCB)

家族共有のカードです。広島を中心とした西日本でおなじみの「ゆめタウン」によく出かけるので必需品のカードです。頼まれた買い物の決算方法のほか、駐車場の精算でも必要になるのでいつも持参しています。

決算アプリ

  • paypay

入金はたまにするくらいで、ほとんどpaypayフリマの売上金で使用しています。初めの頃はお得なキャンペーンに乗っかり利用機会が増えていましたが、現在はほとんど使用していません。メリットはいろいろな店舗で使えるところで、デメリットはアプリを開くもしくは値段を打ち込んで店員に見せるところです。

  • suica

入金はしていません。ポイントサイト(ライフメディア経由の楽天で買物)からの交換先に使用しています。メリットは誤認識が少ないのと決算速度が速いのが良いところで、デメリットはポイントが貯まらないところです

  • d払い

入金はしていません。携帯の主回線がドコモなのでポイントが貰えた場合に使用しています。使用用途はローソンで開催されているお買い物引換券のみです。

  • EneKey

楽天カード(visa)に紐付けして使用しています。いつも持参せず週末にガソリンを入れる時に使用しています。メリットは誤認識が少ないのと決算速度が速いのが良いところで、デメリットはキーホルダーみたいなものを持参しないといけないところです。

家族共有のもの

  • メルペイ

入金はしていません。メルカリの売上金で使用しています。IDに紐付けしています。

  • 楽天pay

入金はしていません。楽天市場で付与されたポイントを使用しています。近くのコンビニでも使用しますが、夕食時など「ほっともっと」でも使用出来るので有効活用しています。
内部リンク

どうしても減らせないもの(物理カード)

  • 運転免許証

将来はデジタル化する予定みたいですが、数年後と言われておりもうしばらくは手放せそうもありません。

  • kyash

ICチップが付いているのが得点高いですが、最近のサービス改悪したのが問題です。
アプリ決算が出来ない店舗で活用していますので、もうしばらく手放せそうもありません。

  • ゆめカード

今の所ところはアプリ決算出来る予定はないようなので、もうしばらく手放せそうもありません。

財布を持たない生活

メリット

財布を忘れることがない

これは元々持たないから当たり前ですね。スマホは運転免許書を入れているため外出時に必ず持ち歩いています。

持ち物が減る

財布を入れるカバンすら必要ではなく、スマホをポケットに入れるだけで良いので楽になります。

デメリット

貴重品が1つに集中するので無くした時は青ざめることでしょう。スマホは必ず画面ロックを設定しておくことが大事です。さらに位置情報をonに設定しておくことで、物理カードはなくしてもスマホは戻ってくる見込みはあるかもしれません。

その他、緊急時など

何らかの影響でサービスが利用できないこと、磁気エラー、スマホの充電切れ、その他予測出来ない出来事で決算出来ない場合があるかもしれません。そのために数千円を入れておく必要性がありますが。今まで1回も使用した試しがありませんが、お守り代わりです。

まとめ

その方の生活様式によって様々な使用用途があると思います。ただ私は財布を持たなくなくても家族の頼まれ事でも生活出来ることに気づき財布を持たなくなりました。財布を持たないことで一つ持ち物が減っています。スマホは外出時にいつでも持ち歩くので忘れることはありません。もう一度、財布が必要な理由を考えてみませんか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


財布
最新情報をチェックしよう!