【IFTTT】手動ボタンを使用することで得られる効果とは

こんにちは、かものはしです。

かものはし
IFTTT条件なんて当てはまらない。
好きな時に動いてくれるプログラムが欲しい!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

IFTTTは条件が合えば、特定サービスなど設定した内容に沿って自動的に行ってくれるものですが、ある条件をクリアしないと動きません。

この方法を用いれば特定条件が作れない場合でも、簡単な作業を行ってもらいたい場合に手動ボタンが有効に使えます。

スマホのホーム画面に設置することも出来るので、簡単にアクセスを行うことが出来ます。

  • 手動ボタンを作成する方法がわかる(IFTTT管理、ホーム画面)
  • 手動ボタンを活用出来る場面がわかる

必要な連携サービス

IFTTT

アカウント登録は済ませていると思いますが、別途IFTTTサービスというものを連携しなければいけません。

LINE Notify

IFTTTなどのWebサービスと連携することで、LINEが提供する公式アカウントから無料で通知してもらうことが出来ます(個人もしくはグループ設定が可能です)。

LINE Notify(公式ページ)

このサービスを利用した別の方法もありますので良かったらどうぞ。

【Macrodroid】IFTTTよりLINE自動送信する方法

IFTTT設定

If This(トリガー)の設定方法について

トリガーサービスを選択する

作成画面から「If This」より「追加する」をクリックします。

ifttt,If This

トリガーサービスを選択しますので、検索画面に「Button widget(ボタンウィジェット)」を入力して結果に出てきたらクリックします。

ifttt,button widget

トリガーを選択する

トリガーの選択画面が表示されるので、下のほうの「Button press(ボタンを押す)」をクリックします。

「続ける」をクリックするとトリガー登録は完成です。

ifttt,button widget

Then That(アクション)の設定方法について

「Then That」を作成しますので「追加する」をクリックします。

ifttt,button widget

アクションサービスを選択します。

LINEやTwitterなどのSNS、SMSやGmailなどのメール送信が選べますが、今回はLINEを作成してみます。

検索画面に「line」を入力して結果に出てきたらクリックします。

line,ifttt

アクションの選択画面が表示されるので、「send message(メッセージを送る)」をクリックします。

次にアクションフィールド画面に移るので、必要であれば書き換えましょう。

アクションフィールドを完成させる

ifttt,button widget,line

Recipient(受信者)
送信相手1人だけでもLINE Notifyを含めたグループ(あなた含めて最低3人)しか設定が出来ません。LINE Notifyはサービスなので返信が来ることはないです。

Messege
LINE送信される本文のため、初期文章は削除して好きな文章に書き換えましょう。

Photo URL
URL読み込みでロケーションマップ画像を表示させる設定になっていますが削除して良いです。何かしら画像を表示させたい場合はURLを入力してください。

最後に「続ける」をクリックするとアクション登録は完成です。

「If」と「Then」が完成したので「続ける」をクリックします。

ifttt,button widget,line

アプレット確認画面について

アプレットの名前入力が表示され、特に変更なければ「終了する」をクリックします。後ほど、スマホでのホーム画面にウィジェット設置しますが、出来るだけ短文でタイトルを決めたほうが良いです(長文だと見栄えが悪い)。

最後に「実行時に通知を受け取る」場合はチェックをしましょう。

 

ifttt,button widget

作成確認画面ですが「接続済み」になっているかチェックしましょう。もし再編集したい場合は、右上の歯車をクリックすると作成画面になります。

ifttt,button widget

ウィジェット作成方法(Androidの場合)

通常のウィジェット追加方法でButton widgetを2パータンから作成することが出来ます。

1つだけではなく、同じボタンを複数作成することも出来ます。

ウィジェット追加画面は各機種ごとに違います(下記はAndroid 11の場合)。

ifttt,button widget

アイコンの表示形式

IFTTT 1×1

アイコンだけ表示したいときに向いています。サイズ設定を行うことでアイコン名や説明文を表示させることも出来ます。

ifttt,button widget

IFTTT 3×1

長いアイコン名や説明文がある場合に向いています。アイコンだけ表示させることも出来ますが、背景が黒色指定なのでホーム画面のデザインを合わせるのは難しそうです。

ifttt,button widget

ウィジェットを選択

アイコンを選択すると「ウィジェットを選択」画面に移るので、設定したIFTTTをクリックします。

ifttt,button widget
最後にウィジェットを押してIFTTTが出来るかどうかしましょう。

Button widgetの活用方法

「今から行く」「今から帰る」など定型文をいくつか作成しておくことでボタン1つでLINE送信を簡単にすることが出来ます。

IFTTTでLINEやTwitterやGmailで自動送信することも出来ますが、都合が良いときに送信したいときはこちらのほうが便利です。

 

Twitterの自動ツイートについてはコチラで説明しています。

【Macrodroid】Twitterを自動送信する方法

 

ウィジェットボタンはMacrodroidというアプリでも作成することが出来ます。

【Macrodroid】トリガーとして追加できるユーザー入力設定

まとめ

今回は、IFTTTを用いて手動ボタンを作成する方法について説明しました。

  • Button widgetでホーム画面にウィジェット作成することが出来る。
  • 条件付けではなく必要なときボタン1つで操作を簡単にすることが出来る。
  • SNS・SMS・Gmailなど幅広く自動送信することが出来る。