画像

スマホの壁紙を自動的に変更する方法

こんにちは、かものはしです。

かものはし
スマホでお気に入りの壁紙を自動で切り替えたい!

こんな悩みを解決できる方法を用意しました。

1枚だけ登録できる壁紙に困っているのであれば、何枚も登録してみるのはどうですか。

時間帯や場所など様々な条件下で、スマホン壁紙を変更することが出来ます。

  • 時間帯で壁紙を変更する方法がわかる。
  • 職場や家庭など特定場所で壁紙を変更する方法がわかる。

スマホの壁紙を自動で変更するには

Google Playには様々な壁紙自動切り替えアプリがありますが、指定した時間帯や位置情報で壁紙変更を変更することは難しいようです。

限られたアプリ設定の中で使わなければならないので、結局は自分で壁紙を自動で切り替えるプログラムを作成しなければならないようです。

Macrodroidで自動化する方法がオススメです

Google Playのみでインストール出来るアプリです。

特定条件が揃った場合にスマホを自動化してしてくれるマクロ(プログラム)を作成することが出来ます。

難しいコードを入力する必要性はなく、してほしい動作をクリックだけで設定するだけで良いので簡単です。

プランは有料と無料がありますが、慣れるまでは無料で十分に使用することが出来ます。

デメリットとしては壁紙をランダムに設定することは難しいので、その場合は一般アプリを使用したほうが良いです。

 

こちらよりダウンロードすることが出来ます。
Google Play – Macrodroid

アプリのより詳しい説明はコチラです。
【Macrodroid】マクロ作成方法とオススメ方法を教えます

登録したい壁紙について

スマホの壁紙サイズを調整しておく

ここで話す画面サイズとはピクセル(px)のことでインチ(inch)とは違います。

壁紙に使用したい画像をスマホの画面サイズに合わせましょう。

画面サイズに合わせないと四隅が黒縁であったりと見た目が悪くなります。

一般的にGoogleのPixelシリーズであれば1080×○が多いようですが、スマホによってバラツキがあるので公式サイトの製品情報でk確認しましょう。

機種名

画像サイズ(ピクセル)

Pixel 3

1920×1080

1080Pixel 4

1920×1080

Pixel 4a (5G)

2340×1080

Pixel 5

2160×1080

Pixel 5a(5G)

2400×1080

Pixel 6

2400×1080

Pixel 6 Pro

2560×1440

画像サイズ変更のサイトを使用する

アプリで変更することも出来ますが、ネットにも色々なサイトがありますので1つ紹介したいと思います。

インストールしなくても簡単に出来るのが良く、例えばこのようなサイトもあります。

https://www.peko-step.com/tool/resize.html

マクロの設定方法

時間帯で壁紙を変更する方法

Macrodroid,壁紙変更

特定の時間になったら壁紙を自動変更するマクロです。

ランダムには出来ないですが、変更する時間帯を自由に決められます。

ここでは夜と昼間という2つの時間帯に区切っています。

トリガーの設定(1つ目)

  1. 日時
  2. 毎週の曜日(複数可)の時刻
  3. 月から金まで/19:00

トリガーの設定(2つ目)

  1. 日時
  2. 毎週の曜日(複数可)の時刻
  3. 月から金まで/6:30

アクションの設定(1つ目のトリガーで表示させる壁紙設定)

  1. 機器の設定
  2. 壁紙を設定
  3. 画像
  4. ホーム画面/ロック画面/ホーム画面+ロック画面
  5. 写真を選択

Android上ではライブ壁紙(プレビュー)は設定出来ないので選択しないでください。

ここまで作成したら一度マクロを登録して、次に条件分岐の設定を行います。

アクションの設定(条件分岐)

  1. 条件分岐/繰り返し
  2. 条件分岐(if)
  3. 発動したトリガー
  4. 1つ目のトリガー設定を選択する

1つ目のアクションを挟むように設定してください。

アクションの設定(2つ目のトリガーで表示させる壁紙設定)

  1. 機器の設定
  2. 壁紙を設定
  3. 画像
  4. ホーム画面/ロック画面/ホーム画面+ロック画面
  5. 写真を選択

アクションの設定(条件分岐)

  1. 条件分岐/繰り返し
  2. 条件分岐(if)
  3. 発動したトリガー
  4. 2つ目のトリガー設定を選択する

2つ目のアクションを挟むように設定してください。

条件の設定

特に設定しなくても構いません。

位置情報で壁紙を変更する方法

Macrodroid,壁紙変更

特定エリアの出入りで壁紙を自動変更するマクロです。

ランダムには出来ないですが、変更するエリアを自由に決められます。

職場エリアに入った場合と出た場合という2つに区切っています。

トリガーにジオフェンス・トリガーを使用しています。

トリガーの設定(1つ目)

  1. 位置
  2. ジオフェンス・トリガー
  3. 指定エリアに入った時

トリガーの設定(2つ目)

  1. 位置
  2. ジオフェンス・トリガー
  3. 指定エリアから出た時

アクションの設定(1つ目のトリガーで表示させる壁紙設定)

  1. 機器の設定
  2. 壁紙を設定
  3. 画像
  4. ホーム画面/ロック画面/ホーム画面+ロック画面
  5. 写真を選択

ここまで作成したら一度マクロを登録して、次に条件分岐の設定を行います。

アクションの設定(条件設定)

  1. 条件分岐/繰り返し
  2. 条件分岐(if)
  3. 発動したトリガー
  4. 1つ目のトリガー設定を選択する

1つ目のアクションを挟むように設定してください。

2つ目のアクション(2つ目のトリガーで表示させる壁紙設定)

  1. 機器の設定
  2. 壁紙を設定
  3. 画像
  4. ホーム画面/ロック画面/ホーム画面+ロック画面
  5. 写真を選択

アクションの設定(条件分岐)

  1. 条件分岐/繰り返し
  2. 条件分岐(if)
  3. 発動したトリガー
  4. 2つ目のトリガー設定を選択する

2つ目のアクションを挟むように設定してください。

条件の設定

特に設定しなくても構いません。

壁紙を追加したい場合

トリガーとアクションの数を同じように増やせば出来ます。

画像アクションを挟むように必ず条件分岐を設定してください。

画像のランダム設定は難しいようですが、追加情報がありましたら報告したいと思います。

まとめ

今回はスマホの壁紙をさまざまな条件下で自動変更する方法をお伝えしました。

  • 壁紙を自動切り替えするには別途アプリが必要である。
  • 画像をランダム設定するには一般アプリが良い。
  • Macrodroidは時間帯や位置情報など複雑な設定を行うことが出来る。

最後まで読んでいただきありがとうございます。