ifttt-instagram-wordpress

Instagram投稿したらWordPressに自動投稿する方法

こんにちは、かものはしです。

かものはし
ブログとSNS連携している人にオススメです

Instagramで画像投稿してもGoogleで画像検索されることは難しいです。

今回紹介する方法は、Instagramとブログ(WordPress)と連携してGoogleに検索表示させる方法です。

ブログに表示された画像であればよりGoogle検索表示される可能性を高くしてくれます。

今回はIFTTTの無料プランを用いて、Instagramとブログ自動投稿の設定をしていきます。

  • InstagramからWordPressに自動投稿する仕組みを作ることが出来る。
  • Instagramの投稿画像がGoogleの検索表示出来るようになる。
  • 無料で出来るIFTTT運用、難しいプログラミングは必要ないです。

Instagram×ブログでGoogleの検索結果を良好にする

Instagramで投稿してGoogleで画像検索してもなかなか難しいです。

投稿した画像をブログにも公開することで、検索されやすい環境を作り集客力を上げていきましょう。

 

しかし、Instagramの画像投稿するのは簡単ですが、ブログにも同じ作業をするのは面倒ですね。

そのためInstagramに画像投稿したらブログに自動投稿する仕組みをIFTTTで設定していきます。

IFTTTのアカウント登録について

通常プランは月額制の有料ですが、無料プラン(5つまでのアクションが作成無料)で作成することが出来るので、下記サイトより登録しましょう。

IFTTT

初期設定が必要なもの

WordPress連携を行う

アカウント連携などが必要になるので登録をしましょう(設定画面は初めてサービスと接続する場合に表示されます)。
コチラの記事で詳しく説明しています。

WordPress投稿からTwitterへ自動ツイートする方法

Instagram連携を行う

アカウント連携などが必要になるので登録をしましょう(設定画面は初めてサービスと接続する場合に表示されます)。

IFTTTの設定方法

IFTTTではトリガーになる部分を「If This」となり、アクションになる部分を「Then That」と呼びます。

ここではスマホ画面を用いて図に沿って説明します(パソコン画面でも同じように操作することが出来ます)。

If Thisの設定方法について

作成画面から「If This」より「追加する」をクリックします。

macrodroid,ifttt

検索画面で「Instagram」と入力すると下記にアイコンが表示されるのでクリックします(カタカナ検索では表示されません)。

ifttt,Instagram

トリガーを選択する

ifttt,Instagram

  • Any new photo by you(あなたによる新しい写真)
  • New photo by you with specific hashtag(特定のハッシュタグが付いたあなたによる新しい写真)
  • New vedeo by you with specific hashtag(特定のハッシュタグが付いたあなたによる新しいビデオ)
  • Any new video by you(あなたによる新しいビデオ)

Instagram投稿全てブログ連携したいのであれば、「Any new photo by you」を選択します。

特定の投稿をブログ連携したいのであれば「New photo by you with specific hashtag」を選択して、Instagramでハッシュタグで区別しましょう。

hashtagが含まれている項目を選択した場合

ifttt,Instagram

ハッシュタグの入力を行います。

例えば「ブログ」と入力した場合、Instagram投稿時に「#ブログ」を追加したのみWordPressとの連携が出来ます。

「続ける」をクリックすると「If This」の設定は終了です。

 Then That(アクション)の設定方法について

「Then That」を作成しますので「追加する」をクリックします。

ifttt,Instagram,WordPress

アクションサービスを選択しますので、検索画面に「WordPress」を入力して結果に出てきたらクリックします。

IFTTT,WordPress,Twitter

アクションを選択する

ifttt,WordPress

 

  • Create a post(投稿を作成する)
  • Create a photo post(写真投稿を作成する)

ここでは「Create a post」を選択します。

アクションフィールドを完成させる

ifttt,WordPress

Title(ブログ名)
トリガーのハッシュタグで区別をつけた場合、初期入力のCapionだと「#〇〇〇」と表示されますので、任意の題名に書き換えてください。

Body(本文)
下記で説明します。

Categories(カテゴリー)
カテゴリー分けしたい場合はWordPressカテゴリー名を入力します。

Tags(タグ)
WordPressでタグ付けをしたい場合は入力します。

・Phost status(投稿ステータス)
・Pubilish immediately(すぐに公開)
・Save as draft(下書きとして保存)
・Publish as private(プライベートとして保存)

Body(本分)の入力方法

初期設定の場合

{{EmbedCode}}
via < a href=”https://ifttt.com/?ref=da&site=wordpress”>IFTTT< /a>

このように表示されます。

  • Instagramに投稿した画像(リンクなし)
  • via Instagram https://instagr.am/p/〇〇〇/(クリックできない投稿URL )

このままだと不格好なので、下記のように書き換えます。

{{Url}}{{Url}}

そうすると投稿したInstagramへクリックできるリンクを設置することが出来ます。

Instagram埋め込みを行いたい場合

  1. 埋め込みのリンクをコピーする。
  2. 投稿URL(https://instagr.am/p/〇〇〇/)の全文を{{URL}}に書き換える。
  3. 本文に貼り付ける。

リンクは7000文字程度あるので、文字置換が使用できるWordで編集したほうが効率が良いです。

 

最後に「続ける」をクリックするとアクション登録は完成です。

「If」と「Then」が完成したので「続ける」をクリックします。

ifttt,Instagram,WordPress

アプレット確認画面について

アプレットの名前入力が表示されますが、特に変更なければ「終了する」をクリックします。

 

「実行時に通知を受け取る」場合はチェックをしましょう。

ifttt,Instagram,WordPress

作成確認画面ですが「接続済み」になっているかチェックしましょう。

もし、再編集したい場合は、右上の歯車をクリックすると作成画面になります。

ifttt,Instagram,WordPress

この自動投稿の問題点

Instagram投稿からブログ投稿まで少し時間がかかるので、早く投稿したい場合は向かないです
(遅延時間:約20分前後)。

ブログのアイキャッチは表示しないので、WordPress側で何らかのプラグイン対処が必要です

まとめ

今回はInstagram投稿したらWordPressに自動投稿する方法について説明しました。

  • IFTTTにInstagramとWordPressアカウント連携を行う必要がある。
  • WordPress連携はレンタルサーバーで国外IPアドレスフィルタを無効化する必要がある。
  • Instagramのハッシュタグを用いて投稿制限をかけることが出来る。
  • アクション(Then That)はそのままだと不格好なので書き換える必要がある。
  • ブログ投稿には時間遅延がみられる。