macrodroid,クイックパネル

【Macrodroid】Androidショートカットで電源オプションにアクセスできる

こんにちは、かものはしです。

かものはし
アクション設定出来るAndroidショートカットを説明します。

このアクションを追加することで、Androidクイックパネルや電源オプションなどへ簡単にアクセスすることが出来ます。

マクロ作成に活用することでより一層、スマホを自動化することが出来ますよ。

  • Androidショートカットをアクションに設定することが出来る。
  • アクション設定したマクロ活用方法の一例

Androidショートカットとは?

macrodroid,Androidショートカット

本来、設定アプリから入るデバイス機能のON/OFFなど、煩わしい操作を簡単にするためのショートカット機能です。

アプリ設定のみならず物理的な電源ボタン操作からのメニューを呼び出すことも出来ます。

このアクションを追加するだけでは不十分なので、UI画面操作クリックなど他のアクションと連動して活用するのがオススメです。

アクションで設定出来るショートカット作成方法

機器本体のクイックパネル

設定方法

  1. 機器の操作や動作
  2. Androidショートカット
  3. 機器本体のクイックパネル

スマホ画面上部を下にスライドさせると表示される通知パネルです。

設定から入ることも出来ますが、クイックパネルを使うことで設定へのショートカットが出来ます。

ステータスバーの開閉との違い

クイックパネル
機器本体のクイックパネル
クイックパネル
ステータスバーを展開

同じアクション動作の1つに「ステータスバーの開閉」があります。

上記の図のようにどちらとも通知パネルにアクセスする機能ですが、ステータスバーの開閉はアイコンだけなので簡略表示といった感じです。

「機器本体のクイックパネル」はアイコン以外にも文字が表示されるので、UI画面操作(テキスト内容)のアクションを追加したい場合に向いています。

クイックパネルのカスタマイズ

クイックパネルは一度に表示出来るアイコンが決められているので、通知パネルに表示したいものがあれば、通知パネルの設定を行ってください。

スマホのクイック設定パネルのタイルを自由にカスタマイズする方法

電源オプション

物理的な電源ボタンを長押しすると表示される電源ボタンメニューです。

再起動などの電源管理を行うことも出来ますが、Google ホームアプリに登録されている家電などのデバイスを操作することも出来ます。

最近使ったアプリを表示する

設定方法

  1. 機器の操作や動作
  2. Androidショートカット
  3. 最近使ったアプリを表示する

アプリ終了を行う画面ですが、この画面操作によりスクリーンショットや分割画面を行うことが出来ます。

実用的なマクロ活用方法

root化なしで定期的に自動再起動する(電源オプションを使った例)

UI画面操作(テキスト内容)と組み合わせることで、root化なしでアプリを自動終了することが出来ます。

 

詳細なアクション設定は、スマホの再起動を自動設定する方法(root化不要です)を参照してください。

root化なしでアプリを終了する(最近使ったアプリを表示するを使った例)

UI画面操作(ジェスチャー)と組み合わせることで、root化なしでアプリを自動終了することが出来ます。

 

詳細なアクション設定は、Macrodroidで画面タッチ操作を自動化する方法を参照してください。

まとめ

Androidショートカットの作成方法と活用方法についてお伝えしました。

  • アクションを追加することで設定手順までのアクセスを簡略化することが出来ます。
  • このアクションだけではなくUI画面操作と合わせて使うのがオススメです。