浄水器

【冷蔵庫で保管】ポット型の浄水器をおすすめする理由

こんにちは、かものはしです。

かものはし
人間の体の90%は水分で出来ていると言われます。

水分は飲料だけではなく米など食事内容に必ず含まれていますので、それだけ水のことを意識して水分摂取を考えても良いではないでしょうか。

元々、日本は他国より水質が良いと言われています。水分摂取だけで言えば、生水を飲むのは何となく不安な思いを持っている方も少なからず居ると思います。

生水を飲まないと考えて、例えばミネラルウォーターを買ってくる方法があります。メリットは量販電で安く購入できたり、荷物運搬が嫌なら通販を使用する方法があります。逆にデメリットとしては、飲みたい度に開封してゴミが溜まったら捨てることが必要です(しかもペットボトルは潰したらリサイクル出来ない)。その他、水を飲む方法はたくさんあります。

  • ポット型の浄水器が良いメリットが分かる。
  • わが家でポット型の浄水器を導入した結果、どのような効果をもたらしたのか紹介したいと思います。
  • 「水道水の水をそのまま飲むのは…」と不安に思っていて、どのように解決すれば良いか考えている方。

家庭で水を飲む様々な方法

そのまま水道水を飲む

山間部地帯など山など直接引いた水はすごく美味しいものです(祖父母の家がそのような設備でした)。ペットボトルなどその他購入する必要性はないと思います。山間部でもないわが家ではこの方法は除外しました。

湯を沸かして白湯を飲む

水は沸騰すればカルキが抜けます。最近は湯を沸かす電気ポットに「カルキ抜き機能」もあるそうです。カルキを抜くためには沸騰してフタを外し数十分以上は加熱を行わないと抜けないとのこと。特に夏場など、冷たい水をすぐ飲みたい時は飲めないためにこの方法も諦めました。

ミネラルウォーターを買う

量販店などで全国各地の名水が購入できます。重たい荷物を店舗より自宅まで運ぶのは面倒くさい方は通販で購入することも出来ます。もちろん飲んだ後は捨てる必要性があります(ペットボトルは潰すとリサイクルが出来ないのでかさばってしまいます)。購入コストのところも考えてこの方法は諦めました。

浄水器を設置する

器具を自宅の蛇口に取り付けることが出来てそのまま飲むことが出来ます(レバーで浄水なしも変更可)。据え置き型でなければ場所を取ることももく、今までのような使い勝手を手にすることが出来ます。カートリッジ交換もモニターで確認することが出来ます。水道水の温度以下に冷たくすることは出来ないので冬場は良いとして夏場はややぬるい感じを受けますので、この方法は諦めました。

ウォーターサーバーを設置する

水は定額で配達され湯と冷水がいつでも飲めます。アクアクララであれば、定められたボトル数の購入ではなく好きな時に必要な分だけ注文することが出来ます。購入コストとしては、水の購入費だけではなく設備レンタル代が月々かかること、また気に入らず2年以内で解約した場合は解約金を支払うこと。ボトル回収なら大きな空きボトルを保管しておくことも問題だと感じてこの方法は諦めました。

浄水器(ポット型)導入は簡単でおすすめです。

ポット型浄水器のメリット

  • 蛇口取付しないからシンクの邪魔にならない
  • 使いたい時に浄水して冷蔵庫で保管できる(夏場でも冷たい水が飲める)
  • 冷蔵庫のポケットに入れて保管できる
  • 容器全体を洗浄しやすい(カートリッジは外しやすい)

ポット型浄水器のデメリット

  • 夏場に2杯目を作る時は冷たさに欠ける
  • 予め1日の使用量を定めないといけない(カートリッジ交換の目安の誤差が出る)
  • 最大用量が0.8Lとやや少ない印象を受ける
  • 横に倒したら溢れる可能性が高い

おすすめの浄水器(ポット型)

わが家は浄水器のポット型を導入しており、使い始めてから約1年使用しています。

この商品(PT306SV)の特徴

  • 蛇口に取り付ける方法ではなく容器にろ過器が付いておりそのまま冷蔵庫で保管できる製品です。
  • 容量は0.8Lと2Lペットボトルより小さく牛乳パックより大きいサイズです。
  • 浄水時間は約3分間で1Lです。
  • カートリッジ交換目安は1日3Lで約2ヶ月、2Lで約3ヶ月となっています(アナログ式のダイヤルで交換目安が分かります)。

ポット型浄水器を導入して生活が変わったこと

水道水を気にせず飲めるようになった

浄水器を通しているので当たり前ですね。気持ちの持ちようもありますが、やはり変な感じはしません。

子供がジュースを飲む回数が減った

理由としては何かすぐ飲めるようにジュースをストックする癖があったこと。水がすぐ飲める環境になりストックする理由が無くなりつつあります。水は限りなく無味無臭なのでどんな食事にも合うと思います。中和するような役割でしょうか。

職場に持参する飲み物が水になった

元々お茶を持参していたのですが、先程書いたようにどんな食事にも合っていると思います。お茶と違い水筒に茶渋が付かないので洗浄も楽です。

まとめ

ポット型浄水器のメリットとデメリットで紹介しました。

私の家庭では無くてはならないものになりましたが、もちろん合わなくデメリットでしかない家庭もあるかと思います。それは地域や各家庭の状況で変化すると思うからです。私が実家(熊本の田舎町)にいた頃は生水を飲むのは普通のことでしたし、浄水器やミネラルウォーターを買うことなんて考えられませんでした。

記事冒頭にも書きましたが、人間の体の90%は水分で出来ていると言われます。水分は飲料だけではなく米など食事内容に必ず含まれていますので、それだけ水のことを意識して水分摂取を考えても良いではないかと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事

 こんにちは、かものはしです。かものはし楽天市場の買い物マラソンで見つけた商品レビューをします。今回紹介する商品は、KOUBOの朝食パンとしても使える備蓄パンです。手頃な価格で、1日に何[…]

備蓄パン,子供,おすすめ

浄水器
最新情報をチェックしよう!