macrodroid,画面

【Macrodorid】明るさ調整が出来る画面のアクション設定方法

こんにちは、かものはしです

かものはし
スマホ画面表示のアクションに使える方法をお伝えします。

この設定を行うことで、画面OFFまでの消灯時間や画面のON/OFFを自動で行うことが出来ます。

似たようなアクション項目が多いので、マクロ登録時に間違わないように気を付けましょう。

画面で設定出来る項目

画面OFFまでの時間設定

操作していない時に画面が暗くなるまでの時間を設定が可能です。

このアクションを設定するとAndroidのディスプレイ設定も変更されるので、マクロ発動前に戻したい場合、再度画面OFFまでの時間変更のアクションも入れる必要があります。

画面タイムアウトの選択

  • 15秒、30秒、1分、2分、5分、10分、30分
  • なし(OFFにしない)
  • [値を入力]

任意で入力する場合は、[値を入力する]で設定しますが、15秒未満では上手く発動しないことがあります。

画面のON/OFF

他アクションであるUI画面操作を追加する前に設定しておきたい項目です(画面OFFではUI画面操作は出来ないため)。

暗くなった画面をONにすることが出来ますが、ロック解除を行うことは出来ません(Root化したオプションを選択の除く)。

オプションを選択

  • 画面をONにする
  • 画面をOFFにする
  • 画面をOFF(ロックなし・ルート化のみ)
  • 画面ON(代替方法)

画面の内容を読む

画面テキスト内容を読み取り、指定した変数(連想配列)として保存することが出来ます。

連想配列は「キー(見出し名)+値(テキスト)」で構成されます。

詳細設定

  • [変数の選択]
  • [新規作成]ローカル/グローバル

キー選択

  • この連想配列
  • キーを追加
  • 手動で定義

「画面の内容を読む」を追加してから設定変更をクリックするとキー選択が出来ます。

画面の向きを固定

表示画面を縦横などに切り替えることが出来ます。

Androidオーバーレイという機能で動作しており、ステータスの「画面の自動回転」の設定を変えても戻に戻りません。

そのため、オプションを選択にある「向きの固定を解除」と一緒に登録しましょう。

オプションを選択

  • 縦向きに固定する
  • 横向きに固定する
  • 向きの固定を解除
  • 現在の向きで固定
  • 現在の向きを切替え固定
  • 縦向き固定(左右逆)にする
  • 横向き固定(左右逆)にする
  • 横向きセンサー
  • 縦向きセンサー
  • 縦横フルセンサー

画面の明るさ

画面の明るさを調整、自動調整をON/FFするとAndroid設定と連動します。

詳細設定

  • 明るさ自動調整
    • スライダ値(0-100%)
  • Android+9モード(代替え)
  • 固定値で強制

画面を常時ON

指定した時間、画面を常時ONもしくは常時OFFにすることが出来ます。

外部ボタンを用いて、画面OFFにしても再度画面を表示すると画面常時ONは継続しているので、常時OFFにするアクションの追加が必要です。

オプションを選択

  • 画面の常時ONを有効にする
    • 画面このままON、輝度を下げてON、画面のみOFFにする
    • 無効にするまで、一定時間
    • 時、分、秒
  • 画面の常時ONを無効にする

画面輝度を下げる

ステータスバーにある明るさ調整ではなく、Androidオーバーレイという機能で調整を行っています。

詳細設定

  • 輝度低下ON(スライダ値0-100%)
  • 輝度低下OFF

マクロ作成時の使用例

指定日時に自動でスマホの再起動を行う方法(Android12バージョン)

Root化やADB heakを使用せず、UI画面操作の自動クリックを用いてスマホの再起動を行います。

トリガーの日時指定は自由に決めてもらっても構いません。

macrodroid,電源再起動,自動化

詳しい設定は、スマホの再起動を自動設定する方法(root化不要です)で説明しています。