macrodroid-unique-setting

【Macrodroid】マクロ遅延などアクションとして使用できる固有設定について

こんにちは、かものはしです。

かものはし
基本的なアクション項目と併用するとさらに使いやすくなりますよ

Macrodoroidのアクション設定は、スマホ本体の動作に応じてではなく、アプリの単体動作でアクションを設定することです。

この設定を行うと、次のトリガーやアクションまでの遅延待機や他マクロの併用実行などを行うことが出来ます。

多くの設定項目があるため、個別に説明したいと思います。

Macrodroid固有設定や状況に応じた使用方法が分かる。

Macrodoroid固有アクションを設定する方法

Macrodroid,アクション,Macrodroid固有

JSON解析

  • 連想配列の入力変数
  • 連想配列の出力変数

変数(文字列)に格納されているJSON形式のテキストを解析することで、同等のデータ構造を変数(連想配列)に出力します。

【Macrodroid】条件と繰り返しのマクロ設定方法

Macrodroidドロワー

オプションを選択

  • 開く
  • 閉じる
  • 有効
  • 無効
  • スワイプの範囲
  • 切り替え(ON⇔OFF)

Macrodroidドロワーの操作によってマクロを発動することが可能です。

 

ドロワーの設置方法はコチラです。

【Macrodroid】ドロワーのメリットと設置方法

Macrodroidの通知テキストを設定

設定項目

  • Macrodroidデフォルト
  • テキスト入力

通知表示されるタイトルとテキストを変更することが出来ますが、通知をボタンバーに表示設定している場合は無効化されます。

Macrodroidを無効にする

設定することで全てのマクロを無効化すること出来ます。

ただしこの設定項目でマクロを再有効化することは出来ないので、別枠の「カテゴリーの有効/無効」や「マクロを有効/無効」で行います。

Macrodroidアイコンを設定

通知表示されるアイコンを変更することが出来ますが、通知テキスト同様に通知をボタンバーに表示設定している場合は無効化されます。

Macrodroidモードの設定

設定項目

[ユーザープロンプト]、[文字列 値]、仕事、休日、写真、夜間、標準、移動(通勤通学)、自宅、運転

モード変更することが出来ます。

モード設定はMacrodoroidホーム画面の設定より名前変更やモード追加をすることが出来ます。

Macrodroid設定

オプションの選択

通知ボタンバーを表示、テキスト読み上げの言語、音声読み上げオーディオストリーム、ウィジェットボタンを押した時にバイブ、画面OFF時にフリップトリガー有効、フリップ時にバイブ、画面OFF時に近接センサー有効、通知バーのアイコン、基地局情報の更新間隔、WiFiのバックグラウンドのスキャン間隔、行動認識の更新間隔、通知アイコンを強制的に非表示、通知の重要度、光センサーのバックグラウンド更新間隔、画面の向き(表裏上下)-画面がOFF状態でも動作させる、ボタンバーを設定-ボタンバーを表示、ボタンバーを設定-黒の背景にする、シェイクトリガー-画面がOFF状態でも動作させる

設定したものをマクロで戻すことは出来ないので、設定を戻すときはホーム画面の設定より見直す必要があります。

アクションブロック

アクションブロックを登録している場合のみ設定することが出来ます。

コチラの記事で詳しく説明しています。

【Macrodroid】アクションブロックを使用してマクロ作成を簡単にする方法

ウィジェットボタンを変更

設定している場合のみ、詳細設定の変更が有効化されます。

 

ウィジェットボタンの詳しい設定方法はコチラで説明しています。

【Macrodroid】トリガーとして追加できるユーザー入力設定

カテゴリーを有効/無効

マクロを登録したカテゴリーを有効もしくは無効化することが出来ます。

別枠で「マクロを有効/無効」で1つずつ設定することは出来ますが、幅広く設定したいときはこれを使用したほうが便利です。

トリガーまで待機

例えばマクロAを作成、LINEを待機設定した場合にそのアプリが起動するまで登録したマクロを一時停止することが出来ます。
マクロBにもLINEを待機設定していた場合、一時停止解除はマクロAが優先され、マクロBの一時解除はその後になります。

ボタンバー画像を設定

Macrodroidの通知ボタンバー画像を変更することが出来ます。

マクロのアクションをキャンセル

例えばマクロAを作成してアクションをマクロBに関連した場合です。

マクロAが発動時に限り、マクロBが発動していた場合でも途中で全てのアクションをキャンセルすることが出来ます。

マクロBは再度トリガーが発動すればアクションは戻ります(マクロAが発動しなければ)。

マクロをエクスポート

現在登録時のマクロを本体もしくはSDカードに保存することが出来ます(クラウドサービスは使用できない)。

保存場所やファイル名は任意設定することが出来ます。

【Macrodroid】作成したマクロを共有する方法と操作手順

マクロを削除

指定したマクロを削除することが出来ますが、削除したものを復元するマクロはありませんので注意してください。

1度だけの使い捨てマクロを作成する場合、「このマクロ」とアクション設定することで完成します。

マクロを有効/無効

マクロを1つだけ設定することが出来ます。別枠「カテゴリーを有効/無効」で幅広く設定することも出来ます。

マクロを実行

1つだけマクロを実行することが出来ます。

「ユーザープロンプト」で条件無視やON/OFF無視にチェックを入れることでマクロの強制実行が可能です。

変数の値を消去

設定したら出来ること

  • 文字列の変数値を空文字にする。
  • 数字の変数値をゼロにする。
  • 真偽の変数値を「False」にする。

変数を設定

「新規変数」を設定することが出来ます(ローカル/グローバル)。

ホーム画面の「変数」と同じアクションを起こすことが出来ます。

文字列処理

オプションを選択

  • 部分文字列
  • 全て置き換え
  • 文字列の抽出
  • 大文字に変換する
  • 小文字に変換する
  • 先頭と末尾の空白を除去する

文字列操作や文字列加工を行い、その結果を変数に代入することが出来ます。

次のアクション実行前に待機

アクションとアクションの間に任意で遅延を作ることが出来ます(分、秒、ミリ秒)。

スマホによっては実行速度に遅延が出る場合があるので、上手くマクロが発動しない場合は追加調整してみましょう。

次のアクション実行確認

次のアクション実行前にダイアログ(ポップアップに似た表示)で実施内容を確認することが出来ます。

 

ダイアログはコチラの記事でも説明しています。

【Macrodroid】条件と繰り返しのマクロ設定方法

空のアクション

通常はマクロ登録で追加する意味はありませんが、登録したマクロをシステムログで経過確認したい場合に有効です。

 

Macrodroidのシステムログについてはコチラで詳しく説明しています。

Macrodroidが上手く動かないときの対処方法

選択肢つきダイアログ

別枠「次のアクション実行確認」と同じようにダイアログ(ポップアップに似た表示)です。

このアクション表示を出すことで、任意のマクロを選択実行することが出来ます(マクロは3つまで登録可能)。

 

コチラの記事で詳しく説明しています。

【Macrodroid】選択肢つきダイアログでマクロを動かす方法